スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

性転換w 



今、目の前で興味深いものを見ている。




俺の目の前にあるもの・・・それは


サクレ



サクサクかき氷 で  レモン味
果実2%


そう氷菓である。

このシャーベットは俺が大好きなアイスだ



ここまでは珍しくも無い話。




さっき、このカップを右に回転させてみた




じわじわと、焦らすように、ゆっくりと・・・




そしたら、原材料名があった。





そこには・・・



種類別 氷菓

原材料名 砂糖、異性化液糖、レモン果実...




異性化液糖!?



砂糖に性別が!?


そんな馬鹿な!


性転換手術でもしたのか!?

なぜ、そんなことまでして砂糖を弄ぶのか!?




変態すぎるプレーだ!



抵抗できない砂糖を無理やり・・・



そんな!!!





・・・




ゴメンなさいw
前フリを無駄に長くしたかったもので ((。´・ω・)。´_ _))ペコ




異性化糖(いせいかとう)は、ブドウ糖と果糖を主成分とする液状糖で、原料はトウモロコシやジャガイモ、あるいはサツマイモなどのデンプンである。

生成方法
デンプンから異性化糖を生成するには、3回の酵素反応と精製、濃縮が必要である。一方、砂糖はビートやサトウキビから抽出、精製して作られる。

液化 — デンプンに水と加水分解酵素である α-アミラーゼを加え、95 ℃ 程度に加熱する。これにより高分子のデンプンはある程度小さく分解される。
糖化 — 液化終了後に 55 ℃ 程度まで冷却し、グルコアミラーゼを加える。この反応で、糖はさらに細かく分解され、ブドウ糖になる。
異性化 — 60 ℃ で異性化酵素のグルコースイソメラーゼを加え、約半分のブドウ糖を果糖に変化させる。異性化糖の名称はこの反応(ブドウ糖が果糖に異性化する反応)に由来している。
精製・濃縮 — 異性化後、液糖をろ過機やイオン交換装置で精製し、水分を蒸発させて濃縮することにより、果糖分 42% のブドウ糖果糖液糖が得られる。さらに、クロマトグラフィーによって果糖純度を高めることができ、この技術で果糖分 55% の果糖ブドウ糖液糖や果糖分 95% の高果糖液糖などを作ることができる。

[編集] 甘味度
砂糖の甘味度(甘みの強さ)を 100 とすると、ブドウ糖の甘味度は 65–80、果糖は 120–170 で、甘味度の強さは 果糖 > 砂糖 > ブドウ糖 の順である。そのため、果糖分 42% のブドウ糖果糖液糖の甘味度は 70–90、果糖分 55% の果糖ブドウ糖液糖は 100–120 である。ただし、果糖は高温では砂糖の 60% の甘味度しかなく、40 ℃ 以下でないと砂糖よりも甘くならないので、異性化糖の甘さは温度によって大きく左右される。


[編集] 特性
砂糖より甘みが口中に残りにくく、低温下で甘味度を増すので、清涼飲料や冷菓などに多く使われている。また、異性化糖は価格も安い(果糖分 55% の果糖ブドウ糖液糖は砂糖の7割程度)ので、他に缶詰、パン、みりん風調味料などにも使われている。
低温での利用に向いている半面で、熱に弱く、加熱すると着色してしまう(このときメイラード反応が起きる)。
粘性が少ないため、取り扱いやすく、大量に運送したり、保存したりすることが容易である。
液状のため、固形化や粉末化するのが難しく、一般消費者向けにはほとんど販売されていない。
異性化糖はブドウ糖と果糖が1個ずつ結合している砂糖と異なり、始めからブドウ糖と果糖とに分離しているため体内に吸収されやすく、異性化糖が大量に含まれている清涼飲料水(500 mL のペットボトルの中に 60 mL 以上含まれるといわれている)を摂取すると血糖値の急激な上昇を招く怖れがある。血糖値の急激な上昇は大量のインスリンを放出させるため、それが引き金で糖尿病になることは十分にありうることである。

[編集] 各国の事情
異性化糖は主に工業国において生産される。普及の割合には、各国の農業政策と密接な関係がある。なお、補助金制度等は現在の農業自由化の流れの中で変化しつつある。


[編集] 日本
日本においては、国内で余剰気味のサツマイモ等などを原料とした糖類を作る技術が求められ、農林水産省および通商産業省管轄下の研究所で競って研究が進められた結果、1960年代後半から70年代にかけて技術が確立された。現在の製法は工業技術院において開発されたものである。日本においては普及は急速ではなかったものの、清涼飲料水において普及が進み、今では砂糖類の需要の4分の1程度となっている[1]。また、日本においてもデンプン源として主に使われるのは今はトウモロコシであるが、農業振興のため、一定量の国内産デンプンの引き取り義務がある。

[編集] アメリカ
アメリカ合衆国ではコーンスターチ(トウモロコシから作られたデンプン)を原料に使っているため HFCS (high-fructose corn syrup) と呼ばれている。開発された直後の1970年代に急速に受け入れられ、今では糖類の需要の半分近くを占め、世界の生産量、消費量の7割を占めており、直接ないし清涼飲料水の形で周辺国へ輸出もしている。これにはキューバ革命によってキューバからの砂糖の輸入が途絶え価格が高騰したこと、液糖を使う素地が元々あったことが考えられる。普及に伴い、肥満の原因としてやり玉に挙げられることが多くなり、大きな論争の種となっている。

[編集] 欧州連合
欧州連合 (EU) 法規においてはイソグルコース (isoglucose) と呼ばれ、製糖業の保護のために生産割り当てが行われている。その結果、EU諸国における異性化糖の占める割合は多くて 5% 以下で、あまり普及していない。







前フリだけでなく、後フリも長くてスマヌw



スポンサーサイト
[ 2007/04/22 22:45 ] 日常 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryo102.blog88.fc2.com/tb.php/233-f81c6b55


酵素反応酵素反応(こうそはんのう)とは、酵素が触媒する生化学反応である。酵素反応速度日本工業規格に「酵素は選択的な触媒作用を持つタンパク質を主成分とする生体高分子物質」 (JIS K 3600-1310) と定義されているように触媒として利用されるが、化学工業などで用いられ
[2007/10/09 09:12] URL 酵素BOX




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。