スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

何作ってるの~? 


 今回は、保育園時代の話です。

ショートストーリーなので気楽にどうぞw
俺は覚えていないので母の話保母さんとの交換日誌より再現。


保母さん視点しか分からないので、その視点風にw






 ある日、保育園の砂場にて・・・

皆が元気良く、縄跳びをしたり、走り回ったりしている中で

遼ちゃん(この呼び方嫌~い)は、早苗ちゃん(初恋の人)と砂場でスコップを使って遊んでいました。


最初は、仲良く早苗ちゃんと遊んでいたのですが、彼女は飽きて先に部屋へと戻ってしまいました。


それでもは夢中で何かしています。




少しして陽も徐々に落ち始め、そろそろ部屋に戻る時間になりました。




私は子供たちを呼び集めて、部屋に戻しました。




それでも遼ちゃんだけは、夢中で何かを作っていました




何を作っているのか、覗いて見ると何か山みたいな物を作っていました。



とりあえず、何を作ってるのか聞いてみることにしました。

「遼ちゃん、何作ってんの~?」





はゆっくりと振り返って、無邪気な笑顔で・・・







「・・・ママのお墓ー!




そう言われると、そう見えてくる物がそこにはあった。




先生は、ビックリして少し固まった。そして、慌てて


「ダメだよ~そんなの作っちゃ~」



そう言い、彼を部屋に戻しながらも
縁起が悪いので隠れて彼の力作を壊して戻った。



帰り、いつも通り遅れて母親が迎えに来て、交換日誌を渡した。







母は家に帰り、この出来事を書いた交換日誌で見た。

「お母さん、驚かないでくださいね。」最初の一行


それをすべて読んだ母は、息子の奇行に苦笑いしたそうだw






俺は、お墓という単語の意味を知っていたのでしょうか?
知っていたら・・・少し怖いよねw
スポンサーサイト
[ 1994/07/02 00:28 ] 昔話 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。